茨木市 地域みんなで産み育てるパパママ準備教室第3回開催しました

北摂マタニティプロジェクト

地域みんなで産み育てるパパママ準備教室第3回開催しました

 

第3回内容は

 

□帝王切開

□帝王切開経験談

□産後1カ月の生活

□赤ちゃんとの生活(抱っこ・授乳)

 

でした

 

このプロジェクトを行いたいと思ったきっかけは

 

出産、育児が誰もが行えるものではなく、事前に知っておくことで不安を軽減できるのではないか

 

出産にむけて、漠然と聞く痛い、辛い、難産、地獄。。。という先輩ママからの情報や、SNSでとびかう言葉たち

 

でも、イメージは現実化することが大半なので、いざ出産予定日が近づくと、想像しようのない恐怖や不安が、

イメージをどんどん膨らませていく

 

そして、陣痛がくると恐怖のイメージが後押しし、パニックになる

 

なんとか出産しても、出産で傷ついた心が癒えぬまま始まる赤ちゃんとの生活

 

眠れない。泣き止まない。三時間おきの授乳と聞いていたのに、頻回授乳

 

抱っこばかりで、寝かせると泣く

 

出かけられない。しゃべる相手がいない。。。

 

そんな現実に陥る方が多く、産前産後うつは身近にあり、決して他人ごとではない、誰にもおこりうることだと感じています

 

だからこそ、出産前に知っておくことが大切だと感じるのです

 

出産時、ママの身体におきること、赤ちゃんが頑張っておこなっていること

そのために、赤ちゃんとママが力をあわせて声をかけあい協力すること

 

医療者が何を手伝い、どんな声掛けをなぜ行うのか?

 

産後の赤ちゃんとの生活も

 

知っておくことで心が変わる

 

心が変わればきっととらえかたもかわる

 

知っておけば、

 

自分だけが感じることだと抱え込まずに助けを求めることができる

 

そして、出産前から助けを求められる場所、人をつくっておいてほしい

 

そんな存在、チームでありたい

 

子育ては決してママだけが責任をもって抱え込むものではない

 

みんなでみんなで見守りあって

 

たくさんの目や手にふれて

 

すくすく大きくなあれ

 

そんな願いをこめて開催しています

 


 

第三回の様子はこちら

 

帝王切開のお話

 

 

お産時のトラブルは、どんなことがおこるのか?

帝王切開手術ってどんな風に進められるのか?

助産師さんより詳しくお話していただきました

 

帝王切開は5人に1人が、最近では4人に1人ともいわれるほど増えています

病院などでも、恐怖を与えるし、手術だからと、事前に帝王切開を知る機会はつくられていないのですが、

誰もにおこりうる緊急帝王切開

事前に知っておくことで、不安や後悔のお気持ちを1人で抱えるママが減りますように

 

 

 

背中スイッチ発動!

ママたちのお悩み一位になるんじゃないかしら

 

 

まあるい抱っこの本もご紹介しながら、子育てアナリストの前田真理先生よりお伝えいただきました

 

 

オムツがえも、中々なれないですが、出産後あの時の!って結びついてくださるといいなあ

 

 

第1回からご参加くださっているママさんも、もうすぐ予定日

 

ぐんぐん大きくなるお腹をなでながら、私たちも赤ちゃんにお会いするのがとても楽しみです

 


 

北摂マタニティプロジェクト

地域みんなで産み育てるパパママ準備教室第四回

 

 6月16日(日)10:00~12:00

(6月は第3日曜日開催です)

 

□ 茨木市新中条町8-18-2階

「みんなのほっっとルーム」(スーパーライフ前)

 

□ 単発参加も可能です 1000円

 

(第4回)

〇バースプランを作ってみよう

〇おっぱいケア・母乳

〇ママの身体と心

〇パパのオムツ替え・沐浴

〇パパの相談

 

を開催します

お気軽にお問合せください

 

 


 

🍃 月1回ロケーションフォト・室内授乳、ベビーフォト撮影会はこちら


お問い合わせ・お申し込みはコチラから※24時間以内に返信がない場合は、お手数ですが下記電話番号までお電話ください。

黒電話

080-5330-3077

【大阪 出張家族撮影 birth photo 中なみこ】



 

Follow me!